admin
ハルキは1歳9ヶ月です。

リョウはちょうどこの歳でお兄ちゃんになりました。

ハルキが生まれる半年ほど前から、リョウにはひとりである程度のことはできるようにやらせてきました。
自分で靴をはいたり、抱っこではなく自分で歩くことなど。
保育園のバッグを大きなバッグからリュックに変えたのもちょうどこのころだったかな~。
小さい背中に、大きなリュックを背負って、みんなから背負ってるリュックのほうが大きいよ~と笑われたな~。

最近、ハルキがお兄ちゃんのリュックを背負いたがるのを見て、1歳9ヶ月の頃のリョウの姿を思い出しました。

同じ1歳9ヶ月でも、お兄ちゃんと弟、育ち方がぜんぜん違うんですよね。私達大人もリョウは1歳9ヶ月でも“お兄ちゃん”として見ていて、ハルキは“弟”として見てるんですよね。
一見、お兄ちゃんがいるから、弟の方がいろんなことを覚えるのが早いと思ってましたが、弟はやっぱり弟で、お兄ちゃんに甘えてる部分がたくさんあります。
お兄ちゃんはいくら小さくてもやっぱりお兄ちゃん。
自分より小さい弟を守ろうと頑張っています。

リョウには、1歳9ヶ月でお兄ちゃんにさせてしまって、正直あまり甘えられずにかわいそうだったな~と思っていました。
今もその思いはありますが、兄弟一緒に遊んでる姿を見ると、1歳9ヶ月違いでよかったなと思います。

私は2歳下に妹がいます。
小さい頃は、母に対して“なぜ妹ばかり甘いの?”って思ってました。
でも、実際は違うんですよね。
母は私も妹も同じように接してるんですよね。
うまく表現できませんが、自分が親になってわかるようになりました。
私もよく
『なんでハルちゃんばっかり?』
とリョウに言われることがあります。
でもそれは、ハルキにはハルキへの接し方があり、リョウにはリョウへの接し方があるからそうやってるわけで、別にどちらかを特別扱いしてるわけではありません。
いつか、子供たちにもそのことがわかる日がくればいいなと思います。

今リョウは3歳6ヶ月です。
小さいお兄ちゃんは弟を可愛がり、守ってくれています。

今日の節分も、オニが来たらやっつけてくれるそうです。
これからも、お兄ちゃん頑張ってほしいです。
たまには、ママと二人でデートしてたくさん甘えてね。
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 *mattari-home*, All rights reserved.