admin
だんだんと今の生活になれてきたので、すこしずつ、貯めていたことを書いていきたいと思います。

3日から新しい保育園に行きはじめた子供たちですが、とっても元気がありません。
以前の保育園に慣れてただけに、まったく違うシステムのこちらの保育園にはまだまだ・・・。

先日リョウが「僕保育園行きたくない」と言い出しました。
「○○保育園(引越し前の保育園)がいい」と。
胸が締め付けられるような思いでした。
もちろん、こう言うことは想定していたことですが、悲しそうな目で言われると、できることなら元のとおり通わせてあげたいと思いました。

ここからは、私の愚痴というか勝手な言い分ですので、読んで気分を悪くされる方もいるかもしれませんが、ご了承ください。

確かに以前の保育園(以後A保育園)と比べると、今の保育園(以後B保育園)は公立ということもあり、保育の仕方がまったく違うようです。
第一印象なんですが
A保育園・・・先生・子供たちがとっても元気。
      子供たちがのびのびと遊んでる。
B保育園・・・先生・子供たちの元気が感じられない。
      先生たちが子供を管理しているという風に感じる。
と感じました。
A保育園に慣れてるから、どうしてもAが良いと思ってしまうのですが・・・
今まで、のびのびと元気いっぱい遊んでいたリョウにとって、のびのびと遊べない&今までの友達がいない、先生がいないということはとっても大きいようです。
子供に対しての注意の仕方も先生それぞれですが、今日お迎えのとき、リョウが私が迎えにきたことに気がつき、ドアのところに走ってきたんです。そのとき後ろから先生が「リョウくん、使ったボールを先にかたづけなさい」ってしかってました。(何度も)。確かに遊んだあとは片付けるのは大切なことだけれど、慣れない保育園での生活でmamaの顔を見ると安心するということは先生もわかると思います。先にしかるのではなく、mamaがお迎えにきたから急いでお片づけしようねとかいう言いかたはできないのかと感じました。
A保育園では、そのあたりはちゃんと先にしかるのではなく、「mamaがお迎えにきたね~。急いで片付けて帰る準備しよう!先生とどっちが早いか競争ね~。」などと、子供が自発的にやれるよう言ってくれてました。
最初、その先生の言葉を聞いたとき、ああこういえば子供はやるんだな~勉強になったと思ったほどです。

それから、保育園で使う連絡帳。
Aは毎日毎日いろんなことを書いてました。先生からも毎日B5の半分くらいのサイズの連絡帳に1ページ以上のお手紙がありました。
Bはそれがありません。かろうじて、ハルキのクラスはあったのですが、1年で1冊。私が疑問に思うこと。なぜ1冊と決めているのか?
子供のことでいろいろ聞きたいこと、伝えたいことがあるときにつかう連絡帳。何冊でもいいんじゃないの?と思いました。
しかも、初めての登園の日、連絡帳にこれからよろしくお願いしますみたいなことを書いてたら、帰ってきた先生からのコメントが「見ました」・・・これだけです。
正直、「はっ???」という感じ。
確かに子供を保育しながらだから、書く時間がないのだろうけれど、せめて「こちらこそよろしくお願いします」とかいうことを書くということはできなかったのだろうかと思いました。

いろんなことがたくさんあって私も正直A保育園に帰りたい心境です。
今、お迎えは義母に行ってもらっています。今日は園での生活を先生に聞きたかったので私がお迎えに行きましたが。
毎日仕事から帰ってきて、義母に先生に聞いたことを尋ねると、別にちゃんとやれてるみたいと言われたと言ってました。
うん、確かに一見見た目はやれてるんですよね。
でも、今日私が迎えに行って思ったこと。
リョウ元気なく遊んでるんです・・・
今まで走り回ってキャーキャー笑いながら遊んでたのに、サッカーボールを投げて友達と遊んでる姿が元気ない・・・
やっぱり週に何回かは私がお迎えに行こうと思いました。朝は先生たちも忙しそうでゆっくり子供のことを聴けないので夕方のほうがいいと思ったから。

今日、リョウを迎えに行った後、ハルキのクラスに行きました。
すると私の顔をみるなり号泣。
とっても寂しかったみたいです。
ハルキも同じく義母が先生から聞いてきた話によると、ちゃんとやれてると・・・。
でもやっぱり寂しい&不安なんですよね。知らない先生&知らない友達&知らない保育園。そんな中で、リョウもハルキも一生懸命慣れようと必死です。

今までA保育園のやり方に慣れてただけに、B保育園のやり方&指導の仕方に慣れるまでは親子ともどもまだまだ時間がかかりそうです。
昨日までは、B保育園に決めたこと失敗だったかなとまで思っていましたが、papaと話をして、B保育園にもいいところはたくさんあるはずと少しずつ思えるようになってきました。

昨日、リョウが保育園に行きたがらない話しをpapaに話したら、夜早く帰ってきてくれました。
そして、リョウと話をしてくれました。
リョウはA保育園には0歳から通っており、自分は居て当たり前。(A保育園の先生が言うには、人気者・クラスを引っ張ってくれるたのもしいリョウちゃんだったらしいです)新しいお友達を迎える側だったのが、180度変わって迎えられる側になりました。そのことにとっても戸惑ってるようで、どうやって友達と接していいのか、どうやったらお友達になれるのかがわからなかったみたい。
そんなリョウにpapaは「僕も一緒に遊んで、仲間に入れてって言ってみたら?」ってアドバイスをしてくれました。
今日、寝るときに布団の中でリョウが「今日、一緒に遊んでって言ったよ」って言いました。
「お友達はなんて言ってた?」と聞くと「いいよって遊んでくれた」と。
とってもとってもうれしかったです。よく言えたねってリョウを褒めまくりました。
明日からも少しずつで良いので、お友達と仲良くできればと思います。

子供たちががんばっているんだから、親である私がいろいろ不安がっていては子供も不安になりますね。(これpapaに言われました)
mamaもがんばります。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
こんな親ばか&勝手な言い分の記事に・・・。



スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 *mattari-home*, All rights reserved.